2008年にカナダへワーホリで来て、2010年カナダ人夫と結婚し、2012年に息子が生まれました。カナディアンロッキーはキャンモアでの6年の生活の後、現在オンタリオ州、ストラットフォードで暮らしています。


by momijiism
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ポテトのポタージュと2冊の本

今読んでいる
Julie & Julia という本の中に、
筆者のJulieがJulia Child の本に載っている
ポテトのポタージュをつくるシーンが出てきます。

本の冒頭のシーンで
つかれきっているJulie が家に帰って
そのスープをつくって夫と2人で食べるんですが

カウチの上に座って、二人でおかわりしながら
ほんとにおいしいよ・・といいながら食べている
シンプルなこのスープ、
どんな味か気になっていました。

実際にこのスープをつくるのはとても簡単。
材料は、ジャガイモとリークと塩とバターだけ。
ジャガイモとリークを切って、塩と水でゆでて(45分)

やわらかくなったジャガイモを鍋のなかでつぶして
(それかハンドミキサーなどでポタージュにして)
バターをいれてできあがり。

今回リークがなかったので
ジャガイモのみでつくったんですが

それでも、
するするとのどをとおっていって、
あたたかくて、ほっとする味。
この季節にぴったりだと思いました。

(ジャガイモだけだと味気ないのかな?と思い、野菜スープのもとを
少し入れたら、ジャガイモらしさが弱くなってしまいました。
やっぱりリークを入れたほうが味のバランスがととのうのかもしれないです。)

これも最近読んでいる本で
辰巳芳子さんの”いのちの食卓”という本があります。
f0214562_6163614.jpg


この本には
季節のものを食べる事、その土地の風土にあった食事をすることの
大切さがかかれていました。
こんな文もありました。
”秋にみのる根菜をたっぷり食べていると、冬に備える体力を補ってくれる”
これを読んだのも、今回ポテトポタージュをつくった理由。

今はスーパーで季節に関係なく野菜がならんでいるけれど

例えば菜の花の季節に
たくさん菜の花をたべることで夏ばてを防げるというように
(夏ばてに効果のある成分がふくまれているかららしい)

季節のものを食べる事は
季節を楽しむというだけでなくて
実際に体にいいようです。


そのほかにも、
”毎日が晴れの料理じゃなくていい/つかれちゃうから”だとか
”世代の違う家族にふるまうのには煮物がいい”(洋風の煮込みも含めて)

などなど、暮らしの中で
参考になって、ためになる事
これから役に立てたいことが
たくさんのっていました。いい本だと思います。


実際、このスープは
我が家の庭の秋の収穫ポテトで作ったんですが
食べていると、体が喜んでいるのがわかりました。
(畑でとれたじゃがいもって、どうしてこんなにみずみずしくて
おいしんでしょうか・・・。)

こった料理も、料理好きの自分としては作るのが楽しいですが
簡単でシンプルな、素材の食べ方が
時々こった料理に勝ってしまう事ってありますね。





ブログランキングに参加しています
応援クリックしてもらえるとうれしいです↓↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by momijiism | 2010-10-31 07:24 | 料理・食