2008年にカナダへワーホリで来て、2010年カナダ人夫と結婚し、2012年に息子が生まれました。カナディアンロッキーはキャンモアでの6年の生活の後、現在オンタリオ州、ストラットフォードで暮らしています。


by momijiism
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:ネイル( 3 )

カナダでネイルポリッシュを購入するのに、色々方法はあると思うのですが(オンラインショッピングだとNail Polish Canadaなど)
私はまだオンラインショッピングはしたことがなく、基本的に地元のお店で調達しています。

きっと、アメリカからオンラインで購入できたりもあるんだと思うんですが、まだ情報収集中です・・。

スクールに通ったDKBeautyでは、2メーカー(チャイナグレーズとnuber)のみの扱いで、一番気になるOPIの扱いはないのです。
ここオンタリオでの卸し店もコンタクトをとってみなければなぁとは、思っているのですが。


ポリッシュにはまりまじめて、最初にOPIを見つけて手に入れたのはダラーストアです。DOLLA RAMA という、ダライ・ラマをもじった名前のダラーストアには、ネイルポリッシュが流れてきてるんです。Nicole by OPIもよくあって、by OPIなだけに、筆もフォーミュラも優秀で大好きです。 ダラーストアですが、3ドルです。

ただカラーは、2-3年前のコレクションの不人気やったんか?っていう色がメイン。たまに掘り出しものの、ナイスカラーがあります。


WINNERSも、ネイルポリッシュをはじめてからよくのぞくようになりました。
服、靴、インテリア、子供服、ヘアケア、コスメ、キッチン用品、割となんでもありますが、基本的にしっかりしたつくりのメーカーのものが割安で買えるので人気です。

ここは、エッシー、OPI、デボラリップマン、チャイナグレーズ、バターロンドン、セシェなどのポリッシュがあって、その時々であるもの、色がちがいます。

シーズンごとにクリアランスセールになって、売れてないものがばしばし割引されていくので、売れ残る確立の高いネイル用品はねらい目です。

ターゲットもよくいきます。
ストラットフォードには、つい年末にオープンしたばかりですが、アメリカのこのお店、続々とカナダに出店してるみたいです。

ここも、服、靴、鞄、家電、インテリア、など、なんでもあるイメージ。服とかは、ファストファッションプライスで、デザイナーとコラボした服とかがよく話題になっています。

ターゲットでは、OPI、エッシー、Nicole by OPI、サリーハンセンなどのドラッグストアブランドの他にはSINFUL COLORSー1.99ドルポリッシュが手に入ります。
今、SINFUL COLORSめちゃ気になってます。
期待せずに買ったのに、筆も塗りごこちもよくて! 色が豊富で、アートとかしたら楽しいやろなって色がわんさか。

あとは、ウォルマート。
ここではHARDCANDY、wet n wild、NYCのポリッシュを見ますが、特に今はHARDCANDYがきになります。色んなグリッターがはいった遊びごころ満載のネイル、かわいいです。

ショッパーズドラッグマートでは、essenceのポリッシュを。
エッセンスって今まで子供向けコスメブランドか何かだと思ってたんです。だって安すぎるから・・! そして店頭の棚とかも、子供が好きそうな色使い。
ネイルは2〜2.5ドル。リップグロスもアイシャドウも2.5ドル。
最近知ったんですが、エッセンスってドイツの会社で、ヨーロッパでは大人気らしいですね!
クオリティ高いと思います。ポリッシュに限らず、アイシャドウとかも。
日本のコスメブランドにはかなわわないにしても、この価格でこの品質を楽しめるのはいいです。

メイドインスペインとか、イタリアとか書いてあるのを見つけては、何ー!! って少しびっくりしています。



私の好きなブログ The PolishAholic さんがOPIのネイルポリッシュSheer Tints Collectionのブログ読者プレゼントを実施されています! まだ締め切りまで2日ほどあるようなので、チャンスですよ~! 今回は応募はどこの国からもOKとありました。
[PR]
by momijiism | 2014-03-20 10:39 | ネイル
ジェルから学びはじめた私、ネイルポリッシュを塗るのが下手で‥。

ジェルだとライトに当てない限り固まらないので、乾く前にはよ塗らな~って焦らなくてもよいので(あんまりもたもたしてても流れちゃうんですが)
その癖がついてて、ポリッシュ塗る時も、もたもた。

どうやって塗ったらいいのかさっぱりわからんくなってました。


YouTube万歳。
ネイリストを目指す人のために、ポリッシュの塗り方を教えてくれているプロのネイリストさんが!

そして、ネイリストを目指すのに、OPI触ったことないはあかんやろぅという、勝手な思い込みで何本か手に入れて、塗りやすさと発色にびっくりし、
日本のポリッシュブロガーさん達の記事にならい、Seche Vite トップコートをはじめて使い、乾きの速さに驚き。
皆さんの色んなアートに触発され。

ネイルポリッシュって楽しい〜(≧∇≦)
ってなってます。


ジェルは?
って感じなのですが、
ジェルも、大好きなネイリストさんのブログをみては、すげーって思いつつ、もちろん上手くなっていきたいんですが。

ジェルを爪に負担なく続けていくには高い技術が必要で、今はひたすら勉強中‥といった所でしょうか。

あと、ポリッシュって、すごい進化したんですね。
というか、私が昔から知らなかっただけか。

すんごい色んな種類の細かなラメがはいってたり
乾いた時の質感がザラザラのラメだったり、
スタンプなんて、聞いたことない!こんな細かな模様のネイルが出来るのん!
もぅ試してみたいのが、たくさんあります。

そして、海外ブログも読みあさり、
海外‥というか、私が読んでいるのは皆さん、アメリカの方ですね。

ネイルポリッシュの会社がシーズンごとに出す新しいカラー全色をスウォッチ(爪に塗られたカラーサンプル)にしてUPしていたり、
アートも日本のネイルアートとはまた違い、見ていておもしろいです。



私が常にチェックするのは

All Lacquered Up
このブログは、雑誌marrie claireの読者が選ぶネイルブログ2013に選ばれてました。
たくさんいるアメリカのネイルブログのトップのブログだけあって、ネイルポリッシュのスウォッチが見やすくキレイなだけじゃなく、レビューが的確。本音でコメントしてて、気に入らんもんは気に入らんとはっきり書いてるのがいいな~と思います。

The PolishAhoric
私がネイルポリッシュにはまる一因になったブログ。 スウォッチが見やすい!彼女の影響でダーク系カラーにも興味がでてきました。

Vampy Varnish
デボラリップマンが大好きな彼女のデボラコレクションは圧巻。
ネイルだけじゃなく、メーク関連もUPしてくれてます。

Chelsea Queen
ネイルアートのセンスが、素敵です。加えて、YouTubeでチュートリアル動画をUPしてくれているのですが、アートそうやるんや!って参考になります。話し方もなんか、素敵です。

Miss Ladyfinger
ファッションコレクションから服のデザインを爪に落としこんではります。
すごすぎて、たまにしか見にいきません笑
服のデザインからネイルアートをおこすって、いつかやってみたい。

work / play / polish
この人の写真もネイルもプロ並にキレイ。アートもすごいです。
すごいとキレイしかボキャブラリーがない私‥笑

Nailed It
まさに今ネイルの本場LAで、ネイリストになろうと学校に通ってる彼女。スクールレポはもちろん、アートもセンスがいいです。

These are my favorite nail blog! I love them!
勝手に紹介させてもらいました。

その他にも、メークアップ用品試しましたブログもたっくさんあるんですね。 買う前に、商品名+swatchで検索かけると、皆が腕に試した写真がだぁーって出てきて、めちゃ参考になります。

チェックしているビューティー系サイト、ブログ↓

The Beauty Department
メークアップのアイデア、ヘアスタイルなど。


Makeup Withdrawal
メークアップレビューブログですが、ネイルポリッシュも結構UPされてます。

HELLOJAA
メークアップ用品レビュー。
写真が趣味の彼女なだけあって、写真がプロ級!タイ語とバイリンガルでブログを書いていて、タイ語サイトに切り替える事もできる様にされてます。


他にも気になるネイルブログたくさんあるんですが、
よくいくブログはそんな感じです。

皆さんはおすすめブログとか、ありますか?
あったらぜひ教えて下さい!
[PR]
by momijiism | 2014-03-10 02:16 | ネイル
ネイルの勉強をはじめました。

息子が一歳になる前に、カルガリーにあるDK Beauty Systemsにて、カナダのジェルネイルメーカーAkzentzのレベル1コースに通いはじめました。っていっても4日間の授業(50h)と、あとは自習、実習190h。 メーカーのディプロマになるので、これがカナダ国内で通用する資格かというと、そうではなさそうで‥。

この授業を受け始めるにあたって、ログブッグに自分でした練習や、ネイルモデルさんに練習させてもらった内容、時間を記録する様いわれます。それが、190hに達した時に実技テストをうけて、合格すればアクセンツレベル1ディプロマが渡されます。10月末に実技試験には通ったのですが、時間が・・190hにまだたりず、まってもらっています・・。

そのログブッグをつけ続け、800hに達した時に、Beauty Councilの試験を受ける資格が与えられ、このBeauty Councilのサーティフィケートがカナダ全土で通用する資格だそうです。800時間て!って感じですが、実際にサロンで働くなどして経験をつむようにという風にとらえています。

私がいったコースは、アクセンツのコースなので、ジェルのみ。マニキュア、ペディキュアは含まれていません。DKには他にマニキュア、ペディキュアのコースもあります。

先生は、予想以上にハイレベルでした。あまり期待していなかったんですが笑 自身もネイルサロンをされていた経験が何10年?もあり、技術はもちろん、接客というか、人への接し方、トークがとっても上手! 質問にも的確に答えてくれて、4日間じゃぁ足りなかった!

もともと、カナダでスクールに通う事にしたのは、ジェルを手に入れられるようになりたかったから。DK Beauty はネイルサロンや美容院に卸をしているお店でもあって、コースに通う事でそこのお店のスチューデントアカウントを持つことができるっていうのが、大きかったです。

アクセンツのジェルではじめたかったので。理由は‥カナダの会社だから!笑 それだけじゃなく、値段がとても手頃なことも大きかった!

日本のジェルメーカーからは、優秀なジェルがでている様なので試してみたい気持ちもあります。


そして最終的には、私はやっぱり、日本のネイルスクールに行きたい!

知れば知るほど、日本のネイル技術の高さに圧倒されてます。

カナダ人のその先生も、授業中に何度か日本ネタをだしてくれましたが、その一つが、日本のネイルイベントのコンペには千人単位で参加者がいるのに、カルガリーでのネイル関連のトレードショウコンペ‥参加者は二桁にすらならんかったとか。

今は、日本から取り寄せた貴重なネイル本や、日本のネイリストの方のブログ、プロ顔負けのセルフネイラーの方のブログから学ぶ事が本当に多いです。

ネイルにはまりました‥。

そして、5月にはトロントにてEsthetic and Spa Show があります。


私の住むストラッドフォードからトロントまでは、車で2時間ほど。

このスパショウにいって、色んなネイル会社のポリッシュやジェルをみたりして、うはうはしながらこのブログで報告するのが、小さな目標です。
[PR]
by momijiism | 2014-03-08 07:07 | ネイル