2008年にカナダへワーホリで来て、2010年カナダ人夫と結婚し、2012年に息子が生まれました。カナディアンロッキーはキャンモアでの6年の生活の後、現在オンタリオ州、ストラットフォードで暮らしています。


by momijiism
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:観光・旅行( 31 )

2011年9月に、だんなのふるさとオンタリオへ、アメリカ経由でいってきました。
そのとき、妹さんの住んでいるウィスコンシン州へも立ち寄りました。

f0214562_1257133.jpg

ウィスコンシン州の第一印象、緑豊か!

ここウィスコンシンではオールドワールドウィスコンシンというところに行ってきました。

広くて緑豊かな敷地に、昔ウィスコンシンへと移民でやってきた人たちの暮らしが再現されています。

私たち夫婦はこの手の昔の暮らし再現パークが大好きです。

道中の景色。
f0214562_134287.jpg

f0214562_1345217.jpg

なんて、絵になるんでしょ!
f0214562_1354735.jpg

f0214562_1361284.jpg

すてきなお家もたくさん見かけて、そしてどこも庭が、芝生が、広い!
f0214562_1371696.jpg

オールドワールドウィスコンシンにて、色とりどりの花。

f0214562_138175.jpg

早速このお家の中を、見学。
f0214562_139276.jpg

f0214562_1392887.jpg

昔の暮らしの再現、ということで、保存食づくりされていました。かぼちゃのペースト?だったかな。乾燥させて、保存するようです。
f0214562_13113923.jpg

こんなすてきなピアノは、みたことがない!
f0214562_13123230.jpg

服の布をリサイクルされて作られたバスケット。
カナダでも着古した服を編んでつくられた玄関マットなど、たまに見かけます。
色がちぐはぐになるのが、またいいですね。
f0214562_13141755.jpg

壁にところどころ飾られていた色々な絵。
お客さんが来たときの話題作りのための、絵だとか。  
話題づくりが目的の絵画・・はじめてみました。

f0214562_13155037.jpg

そして、たくさん丁寧に説明をしてくれた
オールドワールドウィスコンシンで働く女の子。
本当に物知りで、だんなと2人でふんふんと話しに聞き入ってしまいました。

実は彼女の着ている服も昔のスタイルで刺繍の入り方とかが興味深かったです。
エプロンは首にかける紐のついたタイプではなくて
胸のところでピンでとめてある・・というのも、初めてみた!


オールドワールドウィスコンシン
敷地も広くて、園内はバスのような、カートのような乗り物に乗って移動します。
いろいろな国からの移民の生活を再現しているので
その国によってエリアわけされているのです。

ということで、まだ続きます・・♪
[PR]
by momijiism | 2012-03-04 13:26 | 観光・旅行
去年の9月に、だんなの故郷オンタリオへ再び帰っていました。

前回はカナダ横断ドライブだったんですが
今回はアメリカ経由で帰りました。

アメリカ国内をドライブしながら行く・・というのは
今までしたことがなく、正直こわいイメージの方が強かったんですが

実際は
f0214562_8404596.jpg

こんな感じののどかな農村風景が続き、持ってたイメージとだいぶ印象がちがったので驚きました。

モンタナ・ノースダコタ・ミネソタ州の高速にのって行きました。


途中、ミネソタにて、どっかでランチを食べようとゆうことになり
観光案内所できいていったのが、バーンズビルという小さな町にある
イーグルカフェというところ。
f0214562_8463653.jpg


店内に入ると、ほんとにアメリカの古きよき食堂というかんじ・・♪
店員のおばちゃんもてきぱきしてる! ちゃっとオーダーをとって、ちゃっとでできたのが
f0214562_8485075.jpg

ローストビーフ、マッシュポテト&グレービーソース!

このボリュームにはカナダ人のだんなもさすがにびっくり・・・。
さすがアメリカやなぁ・・って、感心。

でも、おいしくって完食。

デザートがパンプディング。
f0214562_8513035.jpg

盛り方が、ちょっと雑・・。でも味はおいしくて、甘すぎず。

f0214562_8525648.jpg

近所のおじいちゃんおばあちゃんが気軽にこれる感じのすてきなダイナーです。

オーブン発見。
f0214562_8544070.jpg


アメリカでは基本的に外食が、安くておいしくて、店員のサービスもよくて
カナダでの(キャンモアでの・・)外食の高さになれていた私たちは
終始、安いねー、おいしいねー・・が口癖になってました。

f0214562_857893.jpg

入り口付近に飾ってあった写真。  じゃがいも収穫大会?

調べてみると、バーンズビルはポテトで有名な所。
なんと、年に一回ポテトデイズフェスティバルというじゃがいも祭りまで開催されている!

伝統的なポテト皮むき大会に始まり
f0214562_911545.jpg

ポテトの収穫袋をつかってつくられた服をきてのファッショショーとか
f0214562_9195354.jpg

(画像はお借りしています)
マッシュドポテトレスリング(マッシュトポテトの上でレスリング)・・!!
f0214562_9202231.jpg

(画像はお借りしています)
マッシュドポテトスカルプティング(多分、マッシュドポテトを粘土に見立てて、何かを形作る?)

・・など、おもしろすぎるイベントがめじろおしで・・!気になる・・。
いもをつかった料理のお店もたくさんでるみたいです。


f0214562_9162547.jpg

バーンズビル市役所

ちょいと立ち寄った場所にもそうやって、歴史があって
それを垣間見る事ができて

今までいったのはアメリカの都市部のみだったから
田舎町・・おもしろいなぁ!と 思いました。



オンタリオへの旅・・・続く♪
[PR]
by momijiism | 2012-01-31 09:25 | 観光・旅行

Bar U Ranch その3

バーユーランチの続きです。

f0214562_23424164.jpg

リビングルーム。テーブルにあるのはCrokinoleというゲームで
オンタリオに行った時にもよくしたんですが
木でできたおはじきみたいなのを指ではじいて
木のボードのより中央にすべらせ
2対2で戦って、お互いに敵のチームのおはじきをポイント圏外に弾き飛ばしたりしながら
最後に高ポイントエリアに自分のおはじきがいくつ残ってるかで競うもの。楽しいです。

f0214562_235287.jpg

まさかここで出会うとは思わなかった
中華式円卓。
その頃の労働者の中には中国からの移民もいたようで
その影響だろうという事でした。
たしかに、カナダの料理にぴったりなんです。
ターキーやマッシュドポテト、ソースなんかを一つの大皿にどーんとだして
取り分けたりするのに、いいのですよね。
だんなは初めてみるのか、たいそう感動して、将来作りたいものリストに入ったようです。

f0214562_23573315.jpg

私が感動したのはコレ。昔式の冷蔵庫。
ドアが分厚い!
f0214562_2359235.jpg

中に氷を入れて使われていたよう。

f0214562_011951.jpg

当時のままの鍛冶屋の建物。
馬の蹄鉄やワゴンの車輪など製造されていたところ。

f0214562_04468.jpg

川辺で馬の世話をしている人が!
f0214562_05370.jpg

写真をとらせてもらいました。どうどう。

f0214562_065128.jpg

ご飯タイムの馬たち。のどかで、静か。

f0214562_0122145.jpg

ごろ
f0214562_0124187.jpg

ごろ
f0214562_0153749.jpg

ごろーん
f0214562_0161790.jpg

f0214562_0173072.jpg

1日のお仕事お疲れ様です。

f0214562_0191432.jpg

f0214562_0194779.jpg

またくるからねーと、バーユーをあとにしました。


f0214562_0215596.jpg

帰り道、雨がふりだして・・
f0214562_0223392.jpg

雲がすごいことなってる!
ただの通り雨でしたが、雲の下を通る時はちょっとどきどきでした。
[PR]
by momijiism | 2011-11-02 00:30 | 観光・旅行

Bar U Ranch その2

バーユーレンチの続きです。



バーユーレンチのすてきだなぁと思うところは、当時の建物がそのまま残っている!ということです。

火事で燃えてしまって立て直されたものも一つありますが
その他は、昔のままで

まるでその時代にトリップしたような感覚に。
f0214562_10254961.jpg

手前にあるのが、移動式の家。キャンピングカーの昔バージョンです。
中にはちゃんと小さなキッチンやダイニングセット
寝室の車には、二段ベッド、収納など。

だんなとこんなん作ってもいいんちゃぅ?と行くと話しをするんですが
作れるかな?

f0214562_10302868.jpg

これは牧場ならではの建物で、
牛を解体し、冷蔵保存する建物です。

f0214562_10315966.jpg

カウボーイのキャンプサイトに到着♪
f0214562_10324711.jpg

重い荷車もひっぱれるどっしりした馬さん。

f0214562_10335085.jpg

このキャンプサイトでは(運よく人がいれば)コーヒーをふるまってくれます。
カウボーイ式のコーヒーを飲みながら(やかんにコーヒー豆を直接入れて、火にかけるというもの)
バーユーの職員さんが、当時どんなだったかの話をしてくれます。
f0214562_10384566.jpg

キャンプ先で女性たちが食事の用意をした、キッチンの役割をはたしたチャックワゴン。

f0214562_10365277.jpg

布製テント。なかなか、中はひろびろとしていて素敵です。
f0214562_10375337.jpg

だんろが備え付けられているのは、北国ならでは。

火事で焼けてしまって新しく建てられたのは
牧場の人が寝泊りをしていた、一軒家。
f0214562_10534694.jpg

中は昔使われていたような家具や食器、食品の缶などが展示されてます。
f0214562_10562899.jpg

f0214562_10572025.jpg

タイミングが合えば、このキッチンのアンティークなオーブンで焼かれたクッキーを
ふるまってもらえます。
f0214562_1104293.jpg



その3へ続きます♪
[PR]
by momijiism | 2011-08-31 11:03 | 観光・旅行

Bar U Ranch その1

バーユーレンチにいってきました。

昔牧場が経営されていた場所が
その歴史的価値から、今は国の史跡として指定されている所。

1882年から1950年にかけてカナダを代表する大きな牧場があった場所で
たくさんの牛が育てられ、それにともなって
労働者・・カウボーイたちや、その家族がこの場所にくらしていたのです。

アルバータ州では
アルバータビーフが有名ですが
ここ一帯は牛を育てるのにはぴったりの広大な牧草地が広がります。
f0214562_12103129.jpg

ちょうど牛のえさなどになる牧草が刈られて、丸められたのが点々と見えます。
f0214562_12121869.jpg

場所としては、カルガリーを南下したあたり。
小高い丘がゆるやかにつづく中をドライブ♪

f0214562_1216468.jpg

(バーユーとは違う牧場ですが、フェンスの棒にえんえんと野球帽が引っかけてある所。
ざっと数えただけでも、300はあった!)



カルガリーでは毎年スタンピードが開催されますが
このスタンピードも
この地一帯のカウボーイ、カウガールたちが
日ごろから鍛錬している牛をつかまえる技術だったり
馬にのっての行進やロデオ、チャックワゴンレースなどなどを披露したり競ったりするのが主なイベントです。

バーユーに来ると、
昔の牧場での暮らしを建物や生活道具から
感じることが出来て、カナダ・アルバータにおける
歴史を感じる場所としてはとってもいいところだと思います。

f0214562_12195397.jpg

もう少しでバーユーにつくー!でっかいカウボーイの看板を右に曲がります。



f0214562_1222933.jpg

歴史うんぬん抜きにして、単純にこの場所が
私たち夫婦は大好きなんです♪
5時にしまるのに4時に到着・・。
f0214562_12243647.jpg

最後の馬車にのって出発!

写真たくさんとったので何回かにわけて更新します。・・・その2へつづく。
[PR]
by momijiism | 2011-08-20 12:33 | 観光・旅行

オンタリオ州・Goderich

仕事をはじめたこともあって、ばたばたとしてしまって
ブログ更新がへってしまいました。

散歩もここの所しておらず、風景写真もへってきてますね・・。
キャンモアは今日はマイナス16度とか。
まだまだ冬。  春の・・気配すら感じられません。


先週末、だんなのお父さんが危篤という連絡が入り、急遽
オンタリオに飛びました。
いってみると、お父さん、順調に回復していて(インフルエンザによる肺炎の併発)

色々話もできて、ホッ。


オンタリオの冬は訪れた事がなかったので、私には新鮮でした。

f0214562_1238233.jpg

ちょうどスノーストームが去った後だったので、雪景色*

大好きな森にも行きました。
f0214562_1239424.jpg


葉っぱがなくて、見通しがきくというだけで
夏に行ったときとはだいぶ景色が違います。

f0214562_1241497.jpg

この森を散歩すると、必ず歌を歌いたくなります。素敵な森です。

f0214562_1242829.jpg


f0214562_12425559.jpg



だいぶ前に、だんながほった名前が
木が成長するにしたがって、いい感じにうきでてきているのを
だんなは本当に気に入ってるようで

これは俺の木やねん(英語でだけど、そんな感じで)と、いつも子供のようにうれしそーにします。

f0214562_12454329.jpg

ゴードリッチの町は、ちょうど緯度が北海道と同じ位で

行くと、北海道ってこんな感じのとこなのかなーと思います。

そして、町にはけっこう古い建物も残っているんです。
f0214562_12494855.jpg

図書館も、趣があります。

f0214562_12504149.jpg

家族皆あつまって食事ということになったので、ビールの買出しに。
一番でかい缶、でかすぎるやろ!いつか、買ってみたい♪

デザートもゲット。
色使いが、カナダだなぁ。
ケーキの上に、グミを乗せちゃうところがまた、
カナダらしいというか・・。

f0214562_12525257.jpg



一時はどうなることかと、ばたばたしたんですが

無事にお義父さんも回復して、
家族の人たちとも色々話す事ができて、結果的には

よい週末となりました。


オンタリオ州ゴードリッチは

わりと田舎な所で、都会のような物の豊富さ便利さにはかけるんですが

私はほんとにいいところだなぁと思うのです。

だんなのいなかでない限り多分訪れてない場所なんですが

湖も近くて、夏はビーチにいったり

のどかな牧草地や、広葉樹の林が点々とあって
ドライビングも楽しいです。

そういう静かな場所が好きな方は、きっと気に入る場所かな?と思います。
[PR]
by momijiism | 2011-03-06 13:09 | 観光・旅行

Carriage Museum

Remington Carriage Museum へいってきました。


この馬車のミュージアムを目指していったわけではなく

本来の目的はランディング。
2月に入って移民ビザの審査がほぼ終了し
後は、アメリカとの国境にいって、Landingをすませて
移民の審査は全て終了だったので

Carway というところまでいってきました。


カーウェイはキャンモアからは約4時間。
アメリカとの国境、モンタナ州に面したところ。


移民申請の最終段階のこのランディング、
国境に行けばいいのだとはしっていたんですが

詳しくどこに行けばいいかわからなかったので
行く当日にService Canada・・・にいって聞きました。



国境は国境でも、移民オフィスのあるところとないところがあるらしく
もよりの場所がCarwayのオフィスということがわかり
移民オフィスがオープンしている時間を確認して、いざ出発。



カルガリーを越えてからひたすら南下。
右手に見えるロッキーがうつくしい・・。青い山脈♪
f0214562_14403382.jpg
国境に近づくにつれて
どんどんまわりに何もなくなっていって


遠くにはモンタナ州の山並み。

f0214562_14411789.jpg


ランディング、
まずカナダのオフィスを左手に通過して
アメリカの入国ゲートへ。
オフィサーに、ランディングしに来たと伝えて、いったん駐車場へ駐車して、
アメリカ側のオフィスにはいって、書類をもらい


つぎはユーターンしてカナダの入国ゲートへ。


また、ランディングしに来たというと

黄色い紙を手渡され、駐車して
2Fにある移民オフィスにいくようにゆわれ

2Fにあがり、いくつかの質問をされ

ものの10分ほどで、はれて移民となりました。


移民といっても、国籍は日本。
国籍をカナダにするにはまたシチズンシップに申請することになり
それはまだ先になりそうです。
f0214562_14424661.jpg


国境のちかくは草原が広がるばかりでほんとに静かでした。

モンタナ州も自然の美しいところときくので、いつかいってみたいものです。
f0214562_1442101.jpg


そして、いざかえろー!となったときに
みつけたのが
Carriage Museum

最初で最後になるかもね・・といいながら
馬車のミュージアム見てきました。

もともとドンさんというおじさんが趣味で集めていた馬車、
アルバータ州に寄付された事でできたミュージアム。
f0214562_14453635.jpg


ドンさん所有の馬車の他にも、いくつかの博物館からやってきた馬車を含めて
240台以上の馬車が展示されてます。

f0214562_14462910.jpg

大草原の小さな家・・ていう昔の洋画ドラマで見たような・・馬車♪
f0214562_14492675.jpg

この馬車は映画の撮影にもつかわれたそう。

乗ることが出来ました。初馬車♪

f0214562_14503044.jpg

馬車の上の赤いシートは椅子。
皮で出来たサスペンションが、ちょうど馬車の下の部分についていて
長時間の移動の時にも、乗り心地が少しでもよくなるように工夫されていたみたいです。

結構面白かったです、この博物館。

最初は、えー・・馬車のミュージアムって・・やめよぉよーと思ったんですが、

中には予想をはるかに超える馬車、馬車、馬車・・。

ちゃんと湿度、温度ともに管理されていて
展示してあるのは
100年前、150年前につかわれていたいろんなタイプの馬車。

ツアーにも参加して夫婦2人のみ相手に丁寧に説明もしてもらい・・。
車が普及する前は、みんな馬車にのってたんだなー、としみじみ。
f0214562_14542488.jpg

初期の自動車。オープンカー♪

f0214562_14551364.jpg

昔式のタクシー馬車。

f0214562_1582060.jpg

こんな写真も飾ってありました。馬の代わりにターキー?です。かわいい・・。




2010年を通してやってきた移民ビザ申請がようやく終わり
ほっとしています。

やっぱりきちんと終了するまで、ちゃんととれるかどきどきだったので
いやーよかった。

カーウェイは南に位置するので
気温は11度くらい、雪も残っていましたがどんどん溶けているという感じ。

春を感じることが出来ました。

f0214562_15174926.jpg




長文だったのに読んでくれて、どうもありがとう♪

そして、クリックしてくれた方もありがとう♪

よい1日を♪






ブログランキングに参加中です。
気に入ってもらえたら、下のボタンをクリックしてください。
ランキングに反映されるしくみになってます☆

人気ブログランキングへ
Have a nice day!
[PR]
by momijiism | 2011-02-20 15:24 | 観光・旅行
モントランブランでしたこと・・
は、湖のあたりを散歩したり、
昔線路だったところが、サイクリングロードになっているので
そこをサイクリングしたり・・。

でも、たぶんモントランブランのメインはモントランブラン山。

ロープウェイでも上まで登れるんですが
せっかく紅葉もきれいだし、初心者向けのコースでもあったので
行きは登山道をゆきました。

f0214562_926923.jpg



風がきつくて、頂上付近はさぶかったんですが
景色は・・♪♪
f0214562_9275824.jpg

最初にこの景色をみて思い浮かんだのが、アニメの「耳をすませば」。
色合いとか、いろいろが、耳をすませばの主人公が空に浮かんで風にのるシーンを
思い出させました。 頂上の展望台からこの景色をながめてると
・・飛べそう・・!飛んだら気持ちよさソー!って気分になります。
f0214562_931188.jpg

f0214562_932184.jpg

風がつべたすぎて、木に霜がついてました。
f0214562_9332267.jpg

モントランブランの山のふもとにはたくさんお土産屋さんとかが
ありました。
f0214562_9345759.jpg


f0214562_9365182.jpg

ユースホステルからモントランブラン山までは歩いていったんですが
めちゃめちゃうらやましい別荘を発見。・・ため息☆

f0214562_939342.jpg

この時は、スケジュールもきつきつで短期の滞在だったんですが
モントランブランの一帯にはかわいい町が他にもあるようなので
(車でまわっている方とかもいました・・自転車だとさすがに回りづらい距離なので・・)

次いくなら、その一帯を
ドライブしながら・・が楽しそう♪と思ったのでした。







ブログランキングに参加中です。
気に入ってもらえたら、下のボタンをクリックしてください。
ランキングに反映されるしくみになってます☆

人気ブログランキングへ
Have a nice day!
[PR]
by momijiism | 2010-12-24 09:45 | 観光・旅行

旅写真・ニューヨーク2

漠然とニューヨークで行きたい場所、と考えていたのが
美術館、タイムズスクエア、セントラルパーク、自由の女神・・。


なんだか、旅運がその日はついていたのか
すべてほぼ1日で、スムーズにまわることができました。

ニューヨークのユースホステルにおいてあった
ガイド本を見ていきました↓
f0214562_610307.jpg


旅運・・というか、この本がよかったのかな?・・

f0214562_6124631.jpg

この、オレンジ色の船にのって見に行ったのが・・
f0214562_6144482.jpg

自由の女神像。
お決まりだったんですが、それでも初めてみるので
テンションあがりました。

f0214562_6203075.jpg

ブロードウェイにて。
ミュージカルにはあんまり・・興味がなかったんですが
ブロードウェイいいよ・・という噂もきいたりしていたので、
せっかくだしと思って、見に行く事にしました。

ガイドブックに、当日でも席があればチケットが買える・・と
書いてあったので、お目当てのショーのやっている劇場へ行ってみました↓
f0214562_624162.jpg


全編英語である事だし、ストーリーを知らないと理解できまい・・と思い
映画を見て知っていた、メリーポピンズ。(・・このお話、大好き。)

チケット、一番安い席(確か・・40ドル位・・)
高くて、遠くて、・・わかりづら!という席だったんですが

歌って踊るだけじゃなくて、舞台セットとかもこってて面白く
楽しめました♪

でも今度行くなら、ちょっとは奮発して
もう少し近くの席とかなら、あのプロのステージをもっと楽しめるかもな、
・・と思います。
(あと、英語がもっと上達して、全部聞き取れたら・・・・)


翌日の朝、したかったのが
セントラルパークでの散歩。
f0214562_6292312.jpg

f0214562_6303338.jpg

どこに行っても、緑のある公園ってすきです。 
f0214562_6374294.jpg

朝ごはん。

f0214562_6413013.jpg

建物の写真もいくつか、とりました。
なんか、古い様式?で、趣があってよかったです。
f0214562_6443166.jpg



グラウンドゼロ、911テロの起きた現場にも行きました。


その場所の近くに、その当時の写真や
そこで命を落とした人の写真や
探し人の張り紙などを、展示している建物があったので
中に入ってみてきました。

なんだか、悲しすぎて、

やっぱり、なくなった人たちも普通の人たちで
普通にみんな、悲しい事も楽しい事もある
人生をがんばってるひとたち、生きている人たちで、
家族もいて、

そういう人たちが、あんな無残な形で人生を終えなきゃいけない
理由が、
どこにあるんだろう
どんな正当な理由があるっていうんだ・・

ということを、展示をみていてひしひしと感じて、
悲しくなりました。




古い建物もたくさんあって思うのは、
NY歴史のある街?なのですね。

もっといろいろ、べんきょーしてからいっても、
また楽しめる、奥の深い都市なのかも、と思います。
[PR]
by momijiism | 2010-11-23 07:09 | 観光・旅行

旅写真・ニューヨーク

ワーホリではじめてカナダに来た年に
しばらく働いたあとに、カナダ東部のほうへ旅行にいきました。

カナダの西部から東部まで、飛行機で飛ぶのも
結構エアー代がかかるんですが、
ちょうどその時、オンタリオやトロントへ飛ぶのより
ニューヨークへのエアチケットが安く出ていたので
最初にニューヨークへ行ってから
そこからバスで移動して、カナダ東部に行く事にしました。



ニューヨークでは、他にも行く場所があることのスケジュール上
一泊しかせず・・。
f0214562_9535987.jpg

泊まったユースホステル↑

ニューヨーク、終始・・どきどきしてました。


一人旅だったんですが、
はじめての一人でのアメリカ、大都市ニューヨークということで・・

緊張しながらも、
さすがに世界のNY、観光する場所として
ものすごく楽しいところでした。
正直、一泊じゃ全然たりず。
f0214562_9573649.jpg

↑こんな、ちょっと古い?建物、レンガや石造りのビルを見るのも楽しく♪

それでも、1日と半日で、回れるだけ回りました。
f0214562_9595626.jpg

↑セントラルパーク、ちゃんとサイクリングロード、歩道ともに整備されていて
樹齢の長い大きな木がいっぱい生えてて・・空気もすがすがしく。
こんな公園が近くにあるニューヨーカーが、うらやましくなりました。

f0214562_102754.jpg

セントラルパークの中にある池↑

f0214562_1034071.jpg

メトロポリタン美術館へも、いきました。

正直、行こうかどうしようか迷っていたんですが
いってみて、ほんとによかったです。

とにかく広くて、1日ではすべては見て回れない位!

・・ここが、楽しすぎました。


小さい頃から美術が好きな私には、
もう、アミューズメントパーク・・♪

ゴッホの絵だったり、それこそこれ教科書でみたっていう絵だったり・・。
まさか、原画(?だと思う)を
生きてる間にみれると思わなかったような画家の絵を
まじまじと、近くで見ることができました・・(感動)

そして、それ以外にも
アジアから来た展示物、エジプトから来た展示物・・
装飾がかわいいアンティーク家具・・・と色々。
全体的にセンスがものすごくいいとかんじたんですが
それは、やっぱりNYだからなのかなぁと思いました。

・・また行きたい♪
f0214562_1014588.jpg

美術館の外の通り↑

f0214562_10202833.jpg

f0214562_10212210.jpg

タイムズスクエアへも行きました。
人が多いのと、装飾が派手なビルたちに
すっかり、わぁ・・わぁ・・と周りをきょろきょろする
おのぼりさん状態でしたが

と同時に、何とか、女一人の観光客に見えないように、
必死に気を張っていたような(・・無理があるんですけど・・。)


うろちょろと、歩き回ってほんとにへとへとになって
ふとあった、カフェのようなとこに入りました。
f0214562_10273625.jpg


都会のオアシスのよーな・・すてきなカフェでした。
パン屋さん兼カフェのようで、
入り口付近に色々なパンが・・。
こんなん食べました↓
f0214562_10294262.jpg


カレー風味の、チキンののったパン。おしゃれやー。

どこの、なんていうお店とかというのは
つかれきっていたのもあって、メモも何もとってなく
わからないんですが・・

さすがニューヨーク、おしゃれやなぁと
かんじたのは覚えてます。


今回は滞在時間が短かったので
食べ歩きとかはできなかったんですが

きっと、おいしいお店もたくさんあるだろうと思うので
食べ歩きとか、たのしいやろうなぁと
思います。


・・・つづく。




ブログランキング参加中。
応援クリックして頂けるとうれしい♪です
人気ブログランキングへ
[PR]
by momijiism | 2010-11-22 10:53 | 観光・旅行