2008年にカナダへワーホリで来て、2010年カナダ人夫と結婚し、2012年に息子が生まれました。カナディアンロッキーはキャンモアでの6年の生活の後、現在オンタリオ州、ストラットフォードで暮らしています。


by momijiism
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:料理・食( 35 )

LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。
という本をみて、”お夜食のマカロニグラタン”を作りました。



この本は、普通の料理レシピ本というより
日本人が大好きなもの、なつかしく思う料理をあつめて
誰でも再現できるように考えられたレシピ集です。


今までは、読むだけで満足していたんです。

喫茶店のナポリタン、だとか、おばあちゃんちのおはぎ、
ちいさなお祝いの日のちらしずし・・とか、春のおいなりさん・・など。

なんか、想像するだけであったかいきもちになれる本でもあるんですが

つくらなかったのは、
こころのどっかで、カナダにいて
日本の食材が、日本の土地で育った食材がそろわないのに
これを再現できるわけない・・とひねくれていたのです。


でも、T&T(巨大アジア系スーパー)にいったこともあって

気持ちが変わり、

とりあえずチャレンジしてみようという気になっていました。

その中でも、お夜食グラタンは
材料も手に入りやすいもの。


なんとかレシピに忠実に作ってみました。



けっこう、玉ねぎは5ミリにきってください、とか
7分炒めてください・・など
細かな指定がおおいんですが
その通りにつくると

ほんとうに、いい具合に仕上がって、びっくりしました。


パスタの量を適当に入れたがために、
ソースの量が少なく
ちょっとかぴかぴになった部分もありますが

日本の、マカロニグラタン・・な味がして
ちょっとうれしくなったのでした。



f0214562_615028.jpg

[PR]
by momijiism | 2010-11-30 05:54 | 料理・食
枝元なほみさんのこの本
f0214562_1122755.jpg


をみて、
豚肉とじゃがいものローズマリー煮
をつくりました。


今年の夏の収穫ハーブを、やっと乾燥させて
その中からローズマリーを使いました。
見苦しいですが、写真です。
f0214562_11125033.jpg

ハーブは他にも、シルバータイム、セージなど。

パセリは、
今年の夏はじめて、はえているのを
とってたべる・・というのをしたんですが

全然癖がなくて、いままでパセリにもっていた
イメージがくつがえされました。

おいしかったのです。
たくさんはえたので、乾燥させました。



f0214562_11114899.jpg


枝元なほみさんの料理はほんとに
素人の私がつくっても
はずれがないのが、ほんとにすごい。

そんなにつくる時間はかからなかったのに
なんだか凝った風の料理になって
うれしい・・。


思えば、料理をしだすきっかけも枝元さん。
f0214562_1162545.jpg


この本を見て
はじめてちゃんと料理を、家族にふるまった事があるんですが
その時に、みんながおいしいといって、
すぐになくなっていって、

それがうれしくて、どんどん料理にはまっていったんですが


その時に読んで記憶に残ってるのが

普通のスーパーで買える材料で作れる料理

ということ。
ほんとにそうで、枝元さんの料理は
身近にある食材でつくれて
レシピにそってつくれば、誰もが簡単においしい料理をつくれてしまう。


まだまだ、読んでないレシピ本もあって
奥が深い+楽しみです。


少し前の、キャンモアです。
f0214562_11144899.jpg

寒さが緩んで、マイナス10度くらいまで上がってきている
今日この頃。
それでも、マイナス20度とかだと、なかなか外にも出たくなくなるので
うれしいです。
f0214562_11171970.jpg











ブログランキングに参加中。
読んだついでにクリックしてもらえるとうれしいです。
人気ブログランキングへ
[PR]
by momijiism | 2010-11-28 11:38 | 料理・食

たんたんあえ麺

f0214562_10445851.jpg

前にもブログに載せた本なんですが、
この本は
ほんとにコストパフォーマンスがよいです。

レシピ本を眺めているだけなのもすきなのですが
この本も、バリエーション豊かで
日本人のつぼにはまる料理がのってて

読んでると、よだれが出てきてしまいます。


その中でも、
たんたんあえ麺が特に好きです。

もともとたんたん麺大好きなんですが、
ケンタロウさんのレシピにはピーナッツバターが使われています。

ピーナッツバターを使うということをしってから

餃子や生春巻きを作ったときにも
しょうゆとピーナッツバターとラー油を混ぜて
ソースを作っちゃいます。


しゃぶしゃぶのたれのごまダレがすきだ
という人は、きっと好きな味です。

f0214562_1050236.jpg

今回は乾麺うどんで冷やして食べたんですが
やっぱりあったかいほうがおいしいです。
あと、レシピどおりに中華麺のほうがうまいんだろうなと思います。

右にあるのは
同じ本に載っていた
じゃがいものお焼き(って名前だったかな?)

残り物のゆでジャガがあったので
ついでにつくりました。

とっても、おいしかったです。
コロッケがつくるのがめんどくさいときに

いいです。
味が似ています。

他にも、お酒のおつまみになりそうな
野菜をつかったちょっとしたおかず
なんかものってて、

ケンタロウさんってすごいなぁと思うのでした。
[PR]
by momijiism | 2010-11-27 10:41 | 料理・食
隣町、バンフにあるワイルドフラワーというカフェの
メキシカンチョコクッキーがすきなんですが、

まねして作ってみました。

普通のチョコクッキーなんですが、チリパウダーが
入っていてほんのり辛いのです。
f0214562_6583172.jpg


左は、
朝食シリアルのライスパフとアーモンド入りチョコ。
冷蔵庫に入れておいたら、犬のふんに間違えられたそれです。

湯銭で溶かしたチョコに
ライスクリスプとアーモンドいれて冷やすだけなのに
結構おいしい・・!

カナダにきて、おいしいチョコのお菓子を探してはいるけれど
高かったり、甘かったりで
なかなか見つけられてなかったので・・
これはよい。



さて・・、今日は雪がふりました。
f0214562_743017.jpg

f0214562_753583.jpg

雪の降った日、きらいじゃないです。
しーんとした中、みしみしと雪の上をあるくのは
なんとも、頭の中までしーんとしてくる感じがして・・。
f0214562_710065.jpg

どちらかというと冬女なのかも・・と思います。
絵本”氷の女王”という話も、好きだったしなぁ・・・。
f0214562_7143216.jpg

好きといっていられるのも、今のうち。
今から、5ヶ月は冬の世界・・・。
[PR]
by momijiism | 2010-11-17 08:18 | 料理・食
以前に、つくったレシピ
チキンカチャトーレのチキンがやわらかいのにはまって
それ以降、そのやり方でチキンを食べる事が多くなりました。
(・・チキンに小麦粉をまぶして先に焼いて
あとで野菜とあわせて煮込む。)

今回はそのチキンカチャトーレと
ジェイミーのチキンのオーブン焼き を
足して2で割った、料理をつくってみました。

まずチキンを先に焼いて、オーブン用の皿においておきます。

そのフライパンでたまねぎのくしぎりを炒め、こげる前に水50ML位入れます。
ふたをして、少し煮てから
はちみつと塩と赤ワインヴィネガーをいれます。
赤ワインヴィネガーは大さじ1位。

それを、チキンの上にかけて、うえに大きめに切ったパプリカを
のせて、オーブンへ。

途中少し混ぜて、ふちがこんがりするくらいまでやいて、出来上がり。
f0214562_7253492.jpg


パプリカと玉ねぎがくたくたになって、美味です。


だいぶ前にキャンモアにあるレストラン、Oビストロというところで
ポークのメープルソース というのを食べて、これまたはまって

家でもソースにメープルソースだったり、はちみつをいれたりしています。

お酢は、オーブンで焼いたあとには
お酢くささが消えているのが不思議です。



今日のキャンモアはお昼前、マイナス4度でした。
毛糸の帽子(耳あて付)の季節が来ました。


ちょっと前にとったキャンモアです。
f0214562_7264194.jpg

雪の積もった山というのは迫力ありますね。
f0214562_7274741.jpg


もう冬ですが、
ちょっと天気のよかった日にキャンモアの川辺にいったら
とても気持ちがよかったので、動画です。




ブログランキング参加中です。
読んだついでにクリックしてもらえるとうれしいです↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by momijiism | 2010-11-11 07:38 | 料理・食

T&T

カルガリーにあるT&Tというスーパーマーケットに行ってきました。

一度、バンクーバーのT&Tには行った事あるんですが
カルガリーは初。
ここは中華系のスーパーで、ここカナダで
アジア系の食材が手に入る、貴重なスーパーなのです。

カナディアンロッキーに3年ばかし住んでいながら
一度もカルガリーのT&Tに行った事がないというのは

まれに見る、めんどくさがり・・なのかも・・。

T&Tには、カナダに移り住んでいる日本人のみんなが
よろこぶあんなものや、こんなものが
ところせましと・・。
テンションあがりました。

興奮冷めやらず、長文になるかもしれないので、
興味ないわって方は、写真だけ軽くスルーしてくださいね。
f0214562_591194.jpg

入ってすぐに私を歓喜させた、やきもろこし。
しかも、3つで3ドルちょい・・。うれしすぎました。

他にもカルビー製品がけっこうありました。(ポテチも!)
カルビーは中国に進出してるんですね。
中国産でしたが、味は変わらずに。

パッケージのうらに、厳正に日本にて品質管理しています
とかかれていました。
ありがとう、カルビー。

ポテチもそうだったんですが、やはり中国市場むけ
ということで、味付けも見たことないものがありました。

どの商品もひとつは辛い味付けが入ってるのが、中国らしいですね。
f0214562_514370.jpg

日清カップヌードルとメンマ、発見!

カップヌードル 香辣海鮮味
これも、基本日本のカップヌードルとあまり変わらず
うれしい・・。
日本のシーフード味の辛い版てかんじでした。

日本から輸入してる、日本の商品は、基本値段が高め。
たぶん日本で買う値段の、2倍以上はするんですが

中国に進出している
カルビーとか日清とかのもので
中国から入ってきているものは
基本お安めなので、ありがたい限りです。
f0214562_5184577.jpg

これも日清の、出前一丁。
近くのスーパーで即席めん、売ってるんですが
なんか違う・・ってものばかり。

日清出前一丁、期待が高まります。
味も色々あって、面白い。
XOジャン味? 激辛味?気になります。
普通に、とんこつ味やしょうゆ味もあって、うれしい!
しかも、ひとつ60セントくらいで、良心的価格。

たまに、野菜たっぷりインスタントラーメンって
たべたくなりますよね。?

f0214562_5235359.jpg

これをみたときは、もう・・、涙でそうですね。
味は・・惜しかったんですが。
中がマシュマロバージョンで、
チョコも、ちょっと口どけがあまりよくなくて・・。
でもうれしいのにかわりはないです。

チョコパイが食べたくて、こっちのスーパーで
それらしき外見のものをかって
食べたとき、
あんまりに甘くて、脂っこくて

そういう時
日本の高いプロ意識が
急激に恋しくなります。

単純に好みの違いとも、言えると思うんですが。
甘すぎる、塩辛すぎるって思う事、多いです。

このチョコパイ、本家韓国からやってきていて
お値段も手ごろで、日本のマシュマロチョコパイに近いです。有難い。

f0214562_528151.jpg

片栗粉って、こっちのスーパーでは普通に売ってないです。
でも、やっぱり
とろみをつけたいな、片栗粉あったらな
って思う事多いです。

乾麺うどんは1ドル台だったので驚き+喜びですね。
中国で生産していると表記されてました。

右端の干し梅干、食べた事ない感じのものですが

生梅干がちょっとお高めだったので、

スープとかにこの干し梅をいれたら
風味だけでも梅になるかと思い。


f0214562_5382217.jpg

このスーパーで楽しいなと思うのは、
日本の食品だけじゃなくて
アジア系各国からの食品もみれること。

これはベトナム産の米粉。
ちょうど白玉粉を買おうか迷っていたときに、周辺にあったのです。

白玉粉って、たぶん米粉だったような。

一袋1ドルだったので
こっちでトライしてみようと思います。

f0214562_5405226.jpg

最後にこれ。
これが、今回心のそこからうれしかったもの。
ごまあぶらってやっぱ自分にとっては
必需品だなとかんじます。

近くのスーパーでも買えないことはないんですが
味がまったく違います。

しかも、18ドルがセールで14ドルでした。

それだけじゃなく、このスーパーの周りに
クレープのお店だったり、日本の食器のお店
飲茶のお店、ベトナムレストランなど、

1日過ごせそうです。

深くかんじたのは、自分はアジア人なんだなーということ。

もう血から抜けっこないんだなと思います。

帰りのカルガリーからの道も
きれいでした。
f0214562_5452129.jpg

f0214562_5521860.jpg

f0214562_553736.jpg

[PR]
by momijiism | 2010-11-02 05:02 | 料理・食
再び
たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ
f0214562_4342577.jpg

をみて、
アップルケーキとレアチーズのムースをつくりました。

アップルケーキは
本の中ではオレンジがのっていたのですが
フルーツ何でものせてもOKとかいてあったので
りんごのコンポートをのせました。

前にりんごパウンドを作ったときに
上にのっかってるりんごが
少しこげて、濃厚な味になってておいしかったので。

アーモンドパウダーのたっぷり入った
懐かしい味のケーキになりました。
f0214562_4384263.jpg


上にのったりんご、こげてしまってどうしようと思ったんですが
1晩~2晩おくと、なじんでいい感じになります。
f0214562_4402892.jpg

今回はじめて、ケーキにラムをつかいました。

本にはアマレットと書いてあったんですが、なかったので。

味もふわっと、ラムの香りがして
ちょっとプロの味に近づいた気分になれました。
ケーキの生地はプロの味には程遠かったんですが。

レアチーズは
ヨーグルトとクリームチーズと生クリームを
ゼラチンで固めたもの。

ちょっと生クリームを調子に乗って泡立てすぎて
ムースムースしすぎちゃいましたが、

手軽だし、また作りたいです。
次は、ブルーベリーのソースじゃなくて、
レモンのソースとかでもおいしいかも、と思いました。

f0214562_4451592.jpg


この本の著者の稲田多佳子さんはブログplaisirとホームページcaramel milk teaをされています。

この本はタイトルにもあるように
毎日作りたくなるような
普段着のお菓子、ちょっと気合の抜けたお菓子がのっていて
これからもお世話になりそうな本です。
[PR]
by momijiism | 2010-11-01 04:30 | 料理・食
今読んでいる
Julie & Julia という本の中に、
筆者のJulieがJulia Child の本に載っている
ポテトのポタージュをつくるシーンが出てきます。

本の冒頭のシーンで
つかれきっているJulie が家に帰って
そのスープをつくって夫と2人で食べるんですが

カウチの上に座って、二人でおかわりしながら
ほんとにおいしいよ・・といいながら食べている
シンプルなこのスープ、
どんな味か気になっていました。

実際にこのスープをつくるのはとても簡単。
材料は、ジャガイモとリークと塩とバターだけ。
ジャガイモとリークを切って、塩と水でゆでて(45分)

やわらかくなったジャガイモを鍋のなかでつぶして
(それかハンドミキサーなどでポタージュにして)
バターをいれてできあがり。

今回リークがなかったので
ジャガイモのみでつくったんですが

それでも、
するするとのどをとおっていって、
あたたかくて、ほっとする味。
この季節にぴったりだと思いました。

(ジャガイモだけだと味気ないのかな?と思い、野菜スープのもとを
少し入れたら、ジャガイモらしさが弱くなってしまいました。
やっぱりリークを入れたほうが味のバランスがととのうのかもしれないです。)

これも最近読んでいる本で
辰巳芳子さんの”いのちの食卓”という本があります。
f0214562_6163614.jpg


この本には
季節のものを食べる事、その土地の風土にあった食事をすることの
大切さがかかれていました。
こんな文もありました。
”秋にみのる根菜をたっぷり食べていると、冬に備える体力を補ってくれる”
これを読んだのも、今回ポテトポタージュをつくった理由。

今はスーパーで季節に関係なく野菜がならんでいるけれど

例えば菜の花の季節に
たくさん菜の花をたべることで夏ばてを防げるというように
(夏ばてに効果のある成分がふくまれているかららしい)

季節のものを食べる事は
季節を楽しむというだけでなくて
実際に体にいいようです。


そのほかにも、
”毎日が晴れの料理じゃなくていい/つかれちゃうから”だとか
”世代の違う家族にふるまうのには煮物がいい”(洋風の煮込みも含めて)

などなど、暮らしの中で
参考になって、ためになる事
これから役に立てたいことが
たくさんのっていました。いい本だと思います。


実際、このスープは
我が家の庭の秋の収穫ポテトで作ったんですが
食べていると、体が喜んでいるのがわかりました。
(畑でとれたじゃがいもって、どうしてこんなにみずみずしくて
おいしんでしょうか・・・。)

こった料理も、料理好きの自分としては作るのが楽しいですが
簡単でシンプルな、素材の食べ方が
時々こった料理に勝ってしまう事ってありますね。





ブログランキングに参加しています
応援クリックしてもらえるとうれしいです↓↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by momijiism | 2010-10-31 07:24 | 料理・食

アップルパウンドケーキ

アップルパイ・・
それも、マクドナルドやA&Wで売ってるような
中からとろっと出てくるかんじのものが食べたくなって

ダメになりそうなりんごを五個ほど煮込みました。

でも、
パイ生地をつくるのがめんどくさくて・・煮込んだものの冷蔵庫に放置。

このままおいておくのもよくないと思い

パウンドケーキに入れて焼く事に。

パウンドケーキの配合は
最近ヒットだったバナナパウンドの配合で・・。

結果は、オーブンの温度が高すぎて
上が焦げてしまい

早めに出したら
中が生焼けの部分ができてしまい・・
失敗。
f0214562_5452758.jpg


でも、
上に乗せたりんごは
ほのかにカラメリゼされて、味が凝縮されて
以外にもおいしかったです。


りんごケーキ・・次は成功させたい・・。

カナダではオーブンの表示が゜F (華氏)表示です。
日本では摂氏゜Cなので
たとえば160゜Cで焼いてくださいのときは
320゜Fにあわせないといけないです。

日本のレシピを見てやるときはややこしいです。

数式は
゜F=゜C×9÷5+32です。

こんな失敗がないように、
早速早見表をつくって、冷蔵庫にはることにしました。
[PR]
by momijiism | 2010-10-30 06:00 | 料理・食

玉ねぎの丸焼き

前に、テレビのフードチャンネルで
Laura Calder
f0214562_7272192.jpg

のFrench Food At Home
という番組がやっていて、
(・・ちなみにこの人の番組もみるの好きです。)

よく、
この人がつくってると、あーつくってみたいなぁ
と思うのですが

その時にやっていたのが玉ねぎの丸焼きです。
オーブンから出てきた玉ねぎ(皮付き)は
こんがりと焦げ目がついて、
やわらかそうで、おいしそうで・・。


早速作りました。

玉ねぎ丸のまま、
そこを少し切り落とし、ざくざくとナイフをさして
火のとおりをよくしてあげます。

オーブンでいい感じになるまで焼いて

ソースは
卵黄に塩と酢を加え
それにオリーブオイルを少しずつたしながら、まぜていく・・
これってきっと、マヨネーズなんですよね、たぶん。

そこに、ハーブをお好きにいれて、
焼きあがった丸焼きにかけて食べるというもの。


ゆでたりすると、やっぱり玉ねぎのうまみが
流れ出るからなのか

焼きたての丸焼きは
これまで、食べた事のないような
濃い、味がしたように思います。
ほくほくとしてて、
そして、このソースとの組み合わせが
めちゃめちゃによかったです。
f0214562_7465780.jpg


でも・・・

一人1個はおおすぎるかな・・というのが
後悔・・。

玉ねぎの大きさにもよるんだと思いますが

だんなの玉ねぎは大きすぎたのと、
それで火のとおりが違ったのか、個体差なのか

私の食べた玉ねぎと味がちがって、
玉ねぎくさすぎて、ちょっと、うっ・・となったのでした。


でも、
あの丸焼きの玉ねぎをマッシュして
ソースにしたりしてもおいしいかなーと
思ったりしました。


玉ねぎはほんとに登場回数の多い
色々な料理につかえる
いい野菜だと思うんですが

今回はその玉ねぎが主役の
おかずでした。
オーブン料理っていうのは
入れておくだけでおいしくなってくれて
いいですね。



ブログランキングに参加中です
人気ブログランキングへ
[PR]
by momijiism | 2010-10-29 07:48 | 料理・食