2008年にカナダへワーホリで来て、2010年カナダ人夫と結婚し、2012年に息子が生まれました。カナディアンロッキーはキャンモアでの6年の生活の後、現在オンタリオ州、ストラットフォードで暮らしています。


by momijiism
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:クラフト・手芸( 4 )

バンフのWhyte Museum of the Canadian Rockies という美術館で今開催されてるWomen of Fibre 展に行ってきました。
バンフに住むMary Garnham Andrews という織物作家の作品が見られるということと、1月29日までの展示ということで、終わってしまう前にチェックしておきたかったのです。

ここカナダに住んでると織物作家さんて結構いるんだな・・と思います。
クラフトセールとかにいっても、マイ織り機でおったストールや敷物をうっている方も見かけるし・・。



もともと、おばあちゃんが編み物がすごく上手で
編み物、毛糸を使って作ったもの、に興味があるんですが、

織物も最近、すごいなぁと思う物の一つ。

前回ブログでかいた、レスブリッジに住むおばあちゃん姉妹の織物作家さんの
作品も見事だと思うんですが

この美術館の展示で見たMaryさんの織物も、素敵でした。
模様もものすごく細かくて、手がこんでいて、正確で。

歳を重ねて、かさねてどんどん腕を磨いてこられたんだなと、思います。
[PR]
by momijiism | 2012-01-17 09:11 | クラフト・手芸

織物

バンフマウンテンフィルムアンドブックフェスティバルの事を
前の記事で書いたのですが

実はこのフィルムフェスで楽しみにしているのが
クラフトセールだったりするのです。

クラフトセールはフェスの初日と二日目に開催されるんですが
地元ボウバレーだけではなく、少し離れたところからもクラフト作家さんが
出店されます。

私が初めてこのフェスにいったときに
レスブリッジというところからきた女性の織物作家さんがいて
その方のキッチンタオルに一目ぼれして購入しました。
f0214562_15555493.jpg

ひとつひとつ手織りです。コットン100パーセント、とっても手触りもやわらかい・・。

今回も会うことができました。
二年前と変わらずに姉妹でこられていました。
f0214562_1633167.jpg

だいぶ売れてしまったから、あんまり選択肢がないけど・・と
おっしゃってましたが
それでも10数種類の中から選ぶのに、時間かかりました。

定年後にも、こうして創作活動を続けて
技術を年々磨かれて、素人の域を完全に飛びぬけられていて

なんだかすごいなぁ、自分も年を重ねたら
何か創作活動を続けて、磨き続けていけたらなぁ・・なんて思います。
f0214562_16415783.jpg


織物・・といえば
最近バンフ図書館で見つけたこの本
f0214562_16172854.jpg

Guatemala Rainbow by Gianni Vecchiato

グアテマラだ! と思ったのは
今年のキャンモアのファーマーズマーケットで
グアテマラからの布小物を売っている女の方がいて

その布織物があまりにも素敵で、気になっていたのです。
f0214562_16244738.jpg

f0214562_16251958.jpg



グアテマラの織物、とっても色彩豊か。
コットンの糸を染色してから織っていくそう。

グアテマラ、メキシコ、ペルーは伝統的なやりかたの布織物が今も生活の中にある地域だそう。
さらに3000年前のグアテマラはマヤの始まりともいわれて、グアテマラ織物はマヤ式のシンプルな織り方(一本の木に糸の端を結びつけ、もう片方は自分の腰に巻きつけて、織る)で織られるそう。(・・・とこの本に載っていました)


やっぱり、いつか
民族衣装をめぐる旅、したいなぁ♪


最近のボウバレー、冷え込んできています。完全に冬です。
f0214562_16474753.jpg

スケートできないかなぁ?とチェックしに行った、バーミリオンレイク。
あいにく雪がふったあとで、でこぼこの湖面。
今年はすべれないかもなぁ・・。

f0214562_16493928.jpg

よく晴れた日に。メガパイの雛鳥?

きれいな鳥だなーと、見るたびに思うんですが
鳴き声が・・「ギャーー・・ギャー・・」だから
あんまり、人気者じゃないです。
[PR]
by momijiism | 2011-11-15 17:06 | クラフト・手芸

キルトの本

やっぱり、寒い冬は外で何かするというより
屋内へ、屋内へといってしまいがちなんですが
そのせいか、冬になってからあげるブログは本のことが多いです。

本が、すきです!


図書館にいってぶらぶらして、よさそうな本にであうと
テンションあがります。

この間キャンモア図書館でみつけたのが
Quilting, Patchwork & Applique A World Guide
By Caroline Crabtree & Christine Shaw
f0214562_1065089.jpg


単純に、キルトの本!と思って手にとったんですが
西洋のキルトの本というより、世界各地のキルトやパッチワークについての本です。


カナダにきてから、やってみたいと思っていることの一つがキルトです。
キャンモアにもMountain Cabin Quilters Guildというのがあって
キャンモアに来てしばらくしたころ、シニアセンターで開かれた
キャンモアキルトフェスティバルにいったんですが、

飾ってある作品はどれも
手も込んでるし、デザインも斬新だし、
アート作品をみているかのような感じがしました。



この本に載っているのは、最近のキルト作品というより
伝統のもの、だったり、昔に作られた物だったり。

インド、タイ、中国、パナマ、トルコ、アフガニスタン、ウズベキスタン、イギリス、韓国、パレスチナ、カナダ、パキスタン、インドネシア、シリア、ハワイ、日本、アフリカ、アメリカ、イラン、ハンガリー・・・ほんとに色々。

日本の昔のふとんの、つぎはぎがされたもの
の写真なんかものってます。

素材別に、(コットン・リネン、ウール・フェルト、シルク・ベルベット、皮、植物の繊維、リボン、柄の布、染色)

使用別に、(ベッド、シーツ、床、壁かけ、カバー、収納、リサイクル、服、儀式、旗・・)

パッチワークやアップリケの世界各地でのいろんな姿、やり方、


おもしろいです。
[PR]
by momijiism | 2011-04-09 11:24 | クラフト・手芸
クリスマスツリーを飾ったのはいいものの
f0214562_1155142.jpg

写真、でかくて、失礼・・。

飾りつけをしていなくて味気ないので

クリスマスが終わる前に何かオーナメントをつくることに。

フェルトをきって、ボンドではり合わせるだけだったんですが
思ったよりかわいく仕上がって、満足♪

糸で縫ったりしなくてよくて、ほんとに簡単です。
そして、安上がり♪

f0214562_1181649.jpg

f0214562_119961.jpg




キャンモアの朝焼け、きれいでした。
早起きは朝焼けの得♪

f0214562_1110595.jpg

ちょうど朝の8時半ころです。
f0214562_1113539.jpg


最近また、マイナス20度の日々で、
ダウンタウンに歩いていくときは、途中にある店に無意味に立ち寄って、
体を温めながら進む・・という日々です。
f0214562_11172337.jpg

[PR]
by momijiism | 2010-12-21 11:20 | クラフト・手芸