2008年にカナダへワーホリで来て、2010年カナダ人夫と結婚し、2012年に息子が生まれました。カナディアンロッキーはキャンモアでの6年の生活の後、現在オンタリオ州、ストラットフォードで暮らしています。


by momijiism
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

織物

バンフマウンテンフィルムアンドブックフェスティバルの事を
前の記事で書いたのですが

実はこのフィルムフェスで楽しみにしているのが
クラフトセールだったりするのです。

クラフトセールはフェスの初日と二日目に開催されるんですが
地元ボウバレーだけではなく、少し離れたところからもクラフト作家さんが
出店されます。

私が初めてこのフェスにいったときに
レスブリッジというところからきた女性の織物作家さんがいて
その方のキッチンタオルに一目ぼれして購入しました。
f0214562_15555493.jpg

ひとつひとつ手織りです。コットン100パーセント、とっても手触りもやわらかい・・。

今回も会うことができました。
二年前と変わらずに姉妹でこられていました。
f0214562_1633167.jpg

だいぶ売れてしまったから、あんまり選択肢がないけど・・と
おっしゃってましたが
それでも10数種類の中から選ぶのに、時間かかりました。

定年後にも、こうして創作活動を続けて
技術を年々磨かれて、素人の域を完全に飛びぬけられていて

なんだかすごいなぁ、自分も年を重ねたら
何か創作活動を続けて、磨き続けていけたらなぁ・・なんて思います。
f0214562_16415783.jpg


織物・・といえば
最近バンフ図書館で見つけたこの本
f0214562_16172854.jpg

Guatemala Rainbow by Gianni Vecchiato

グアテマラだ! と思ったのは
今年のキャンモアのファーマーズマーケットで
グアテマラからの布小物を売っている女の方がいて

その布織物があまりにも素敵で、気になっていたのです。
f0214562_16244738.jpg

f0214562_16251958.jpg



グアテマラの織物、とっても色彩豊か。
コットンの糸を染色してから織っていくそう。

グアテマラ、メキシコ、ペルーは伝統的なやりかたの布織物が今も生活の中にある地域だそう。
さらに3000年前のグアテマラはマヤの始まりともいわれて、グアテマラ織物はマヤ式のシンプルな織り方(一本の木に糸の端を結びつけ、もう片方は自分の腰に巻きつけて、織る)で織られるそう。(・・・とこの本に載っていました)


やっぱり、いつか
民族衣装をめぐる旅、したいなぁ♪


最近のボウバレー、冷え込んできています。完全に冬です。
f0214562_16474753.jpg

スケートできないかなぁ?とチェックしに行った、バーミリオンレイク。
あいにく雪がふったあとで、でこぼこの湖面。
今年はすべれないかもなぁ・・。

f0214562_16493928.jpg

よく晴れた日に。メガパイの雛鳥?

きれいな鳥だなーと、見るたびに思うんですが
鳴き声が・・「ギャーー・・ギャー・・」だから
あんまり、人気者じゃないです。
[PR]
by momijiism | 2011-11-15 17:06 | クラフト・手芸
今バンフのバンフセンターでは、バンフマウンテンフィルムアンドブックフェスティバル
開催されてます。

去年みたSummer Pastureというモンゴルあたりの遊牧民の生活をおった
ドキュメンタリームービーがとてもよかったので
今回も調べてみると、On the Trail of Genghis Khanというムービーがあったので
見に行ってきました。

オーストラリア出身のTim Cope という人が
ジンギスカンのたどった道を、実際に馬に乗ってたどる
約三年にもおよぶ旅を撮ったもの。

モンゴルからハンガリーにかけて
カザフスタンを通り、ロシアを通り、ウクレニアを通り・・。

3年という年月がしめすように本当に長い道のりを
旅の出発当時20代も半ばのこの青年が

その土地に住む人々と出会いながら、文化に出会いながら
進んでいく映像は

ほんとに、感動的でした。とってもいいドキュメンタリーでした。

もちろんTimさんと人々との出会い、ふれあいも興味深かったんですが
私が!!と思ったのは、モンゴルからハンガリーにかけて
人々の生活の中にある衣服や衣装、布。

全てをさらけだしているTim さんは本当にすてきでしたが
それだけでなくて
道中のさまざまな物をうつしこんでいるこの映画は、本当におススメです。

Tim Copeさんのウェブサイトもあるので、ぜひいってみてください。
[PR]
by momijiism | 2011-11-02 01:00 | カナディアンロッキー

Bar U Ranch その3

バーユーランチの続きです。

f0214562_23424164.jpg

リビングルーム。テーブルにあるのはCrokinoleというゲームで
オンタリオに行った時にもよくしたんですが
木でできたおはじきみたいなのを指ではじいて
木のボードのより中央にすべらせ
2対2で戦って、お互いに敵のチームのおはじきをポイント圏外に弾き飛ばしたりしながら
最後に高ポイントエリアに自分のおはじきがいくつ残ってるかで競うもの。楽しいです。

f0214562_235287.jpg

まさかここで出会うとは思わなかった
中華式円卓。
その頃の労働者の中には中国からの移民もいたようで
その影響だろうという事でした。
たしかに、カナダの料理にぴったりなんです。
ターキーやマッシュドポテト、ソースなんかを一つの大皿にどーんとだして
取り分けたりするのに、いいのですよね。
だんなは初めてみるのか、たいそう感動して、将来作りたいものリストに入ったようです。

f0214562_23573315.jpg

私が感動したのはコレ。昔式の冷蔵庫。
ドアが分厚い!
f0214562_2359235.jpg

中に氷を入れて使われていたよう。

f0214562_011951.jpg

当時のままの鍛冶屋の建物。
馬の蹄鉄やワゴンの車輪など製造されていたところ。

f0214562_04468.jpg

川辺で馬の世話をしている人が!
f0214562_05370.jpg

写真をとらせてもらいました。どうどう。

f0214562_065128.jpg

ご飯タイムの馬たち。のどかで、静か。

f0214562_0122145.jpg

ごろ
f0214562_0124187.jpg

ごろ
f0214562_0153749.jpg

ごろーん
f0214562_0161790.jpg

f0214562_0173072.jpg

1日のお仕事お疲れ様です。

f0214562_0191432.jpg

f0214562_0194779.jpg

またくるからねーと、バーユーをあとにしました。


f0214562_0215596.jpg

帰り道、雨がふりだして・・
f0214562_0223392.jpg

雲がすごいことなってる!
ただの通り雨でしたが、雲の下を通る時はちょっとどきどきでした。
[PR]
by momijiism | 2011-11-02 00:30 | 観光・旅行